富士山に登るにはどうしたら良いのか2

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れの天気でした。

気温が低く風が冷たかったです。



『富士山に登るにはどうしたら良いのか2』というタイトルで

ブログを書きます。

前回の続きになります。



今回一番迷っていたのは

現地まで行く交通手段に何を選べば良いのかです。

飛行機が良いのか、

車+フェリーが良いのか。

それから実家が神奈川県にあるので

実家を出発点に考えれば良いのかです。

車で行く場合実家に止めるのが良いのか、

現地まで車で行くのが良いのか。



LCCを利用するなら、

車で行くよりは絶対に安いというのは

分かっているのですが、

富士登山の前に東北地方を車でドライブするのも

良いのではないかと考えて迷っていました。

しかしどうすべきか絞り込めないまま

いよいよ登山する日が迫ってきて、

本来の目的である「富士登山」をするためだけで

考えるようにしました。



富士登山に行くのであるから、

それ以外のことは考えないことにしました。

そうであるなら交通手段としては

飛行機が良いと考えました。

新千歳空港・羽田空港間で往復することに決めました。

(ちょうどその時にAIRDOがセールを行っていたので

 安く購入することができました。

 もっと早く気付いていたら、

 さらに1万円安く買えたはずです。)



次に考えたのは羽田から富士山までどうやって行くかです。

羽田から新宿まで出ると

バスタ新宿から高速バスに乗ることができます。

1時間45分で富士急行河口湖駅に到着することができます。

河口湖駅から東横イン富士河口湖大橋まで無料バスがあります。

富士山に登るときには

河口湖駅から5合目まで行くバスに乗ります。



ここまで決まったところで全体の日程を考えました。

富士登山には2日掛けます。

高度順化のために山小屋に1泊します。

1日目

新千歳空港→羽田空港(飛行機)

羽田空港→バスタ新宿(電車)

バスタ新宿→河口湖駅(高速バス)

東横イン富士河口湖大橋に宿泊

2日目

河口湖駅→富士山5合目(バス)

5合目→7合目(登山)

山小屋富士一館に宿泊

3日目

頂上まで富士登山

お鉢巡り

下山

東横イン富士河口湖大橋に宿泊

4日目

河口湖駅→バスタ新宿(高速バス)

バスタ新宿→羽田空港(電車)

羽田空港→新千歳空港(飛行機)

↑こういう日程を考えました。

続きます。



今日も1日ありがとうございました。

手稲山に登りました

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れのち曇りの天気でした。



昨日登った手稲山について書きます。

朝9時くらいに車で自宅を出ました。

30分くらいで登山口に着きました。

手稲山

↑平日ですが登山する人は多いようです。

手稲山

↑ロープウェイは廃止になっています。

手稲山手稲山

↑オリンピックマークが付いています。

もう使われていないのでしょうか。

初めて登ったので勝手が分かりませんでした。

手稲山

↑たぶんここを登っていくのだろうと思いましたが、

自信がなかったので他の人が追い越して

先に行ってくれるのを待ちました。

ここはスキー場なので、

何合目の表示とか進む方向を示す矢印等はありませんでした。

手稲山

↑テレビ塔がある場所が頂上です。

下から見ても分かりやすかったです。

手稲山
手稲山
手稲山

↑写真だと伝わりませんが

斜面は急なところが多かったです。

手稲山

↑頂上入口付近です。

手稲山
手稲山
手稲山

↑頂上は三角山の頂上より広かったです。

三角山より高いので他の山がよく見えました。

登りは1時間半くらい掛かりました。

下りは1時間くらいでした。

手稲山

↑まだ雪が解けずに残っています。

手稲山

↑間近に見るテレビ塔です。

各テレビ局の塔があります。

手稲山
手稲山

↑下りで撮った景色です。

札幌ドームが見えました。

手稲山
手稲山

↑下りで撮った斜面の写真です。

三角山より登るのに苦労すると思います。

足場が良くないです。

高さがあるのでその分きついです。

三角山は木に遮られて日陰がありますが

手稲山はご覧のように日陰がありません。

手稲山を登った感想ですが、

苦労して登った分だけ

頂上の景色は素晴らしいと思いました。

また登ろうと思います。



今日も1日ありがとうございました。

手稲山に登っていくつかの気付きがありました

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れの天気でした。

気持ちの良い天気でした。



今日は初めて手稲山に登りました。

高さは1,023メートルです。

登りながら気付いた(思った)ことを書きたいと思います。

不動産賃貸業を続けるに当たって

大事な気付きだったと考えています。



・登山はマラソンと同じだ

 最近は全くランニングはしていませんが、

 趣味を聞かれれば、

 趣味の1つにマラソンを挙げます。

 2016年と2017年にフルマラソンに参加して

 完走しました。

 走り続けるのはつらいことですが、

 走ることを継続していればゴールに到着します。



 初めてマラソンに参加したときのことです。

 20キロを過ぎたところで突然走れなくなりました。

 足を使い切ってしまったのです。

 足の甲がひどく痛みます。

 めちゃくちゃ痛かったです。

 でも絶対にリタイアはしないつもりでした。



 骨が折れているわけではありません。

 関節が痛いわけではありません。

 大丈夫だと自分に言い聞かせました。

 完走締め切り時間6時間を考えて、

 電柱と電柱の間1本分は走りました。

 次の1本分は歩きました。

 ひたすら繰り返しました。

 6時間以内に完走することができました。



 以後はこの経験から余力を残しながら走ることを学びました。

 足は地面にドンとつかない。

 大事に大事に足を使って走ります。

 今日、下山中にドンと足をついている自分に気付きました。

 富士山でこれをやったら絶対にダメだと思いました。

 富士山についての情報で足の使い方への言及は

 まだ見たことがありませんが、

 自分は気を付けようと思っています。



・具体的な目標を定めた方が良い

 手稲山の頂上付近にはテレビ塔があります。

 あそこが頂上だとはっきりと分かります。

 目標がはっきりとしているので頑張りやすかったです。

 途中で休憩をはさみながら登りましたが、

 あそこまでは休憩を取らずに頑張って登ろうと

 メリハリを付けやすかったです。

 ウチにとっての今の目標は50室所有ですが、

 なかなかすぐにそこには行けないので、

 家賃年収3,000万円を目標とするのが

 良いかもしれないと考えました。



・登っている途中で振り返り、今自分がいる高さを確認する

 なかなか頂上には到達できませんが、

 途中で立ち止まって下を見ると

 ここまで上がってこれたのかと

 自分の頑張りを確認できてうれしくなりました。

 不動産賃貸業を続けて規模を拡大していく場合、

 儲かったとしても再投資し続けるために

 自分が成功しているのかを確認しづらいと思います。

 たまには今自分が持っている資産を確認したり、

 あるいは今までに返済した借金額を計算したりして、

 頑張っている自分を褒めてあげた方が良いと思いました。



・いろいろな投資スタイルがある

 トレイルランニングをしているのか、

 登山靴を履かず軽装で登っている人がいました。

 自分のペースで休憩を取りながら、

 写真を撮りながら登る人がいました。

 不動産賃貸業もやり方はいろいろあると思います。

 新築アパートをやる人。

 中古アパートをやる人。

 新築戸建をやる人。

 中古戸建をやる人。

 融資を使うのか、

 現金で購入するのか、

 その人の考え方・やり方です。



初めての山に登りながら、

いろいろと気付きが多かった1日でした。

実際に手稲山に登った感想は明日書きたいと思います。



今日も1日ありがとうございました。