宅建業開業費用

こんばんは。

たっちです。



今日は1日雪でした。

気温が高く雪が水分を含んで湿っています。

除雪機を使うようになってから7年になりますが

初めて雪が詰まる経験をしました。

雪が氷となって詰まっていました。



宅建士証を取得するために年明けに登録実務講習を受ける予定です。

その後の流れですが、

宅建士として登録を申請して登録されると、

宅建士証交付を申請することができます。

宅建士証が交付されると晴れて宅建士となることができます。



宅建業を開業するには事務所が必要になります。

私は自宅の1階部分を事務所にする予定です。

宅建業開業に合わせて新規で法人を立ち上げます。

法人設立は2回目の経験になりますが、

ほぼ設立方法を忘れているので一からの取り組みになると思います。

少し心配なのは開業費用です。

不動産賃貸業の法人を立ち上げるときは会社の設立費用だけでした。

宅建業の場合には会社設立費用以外に

宅建協会への入会金が必要になります。

でも今調べたところ80万円ちょっとくらいで収まりそうです。

宅建業免許申請費用、会社の登記費用等と合わせても

120万円くらいあれば大丈夫そうです。



忘れていましたが法人設立には資本金が必要になるので

その分も見込んでおく必要がありますね。

そうなると資本金(100万円)、事務所開設用品費を含めると

トータルで約250万円くらいになるでしょうか。

事務所を新規に借りる必要がないので

その分はお金が掛からずに開業できると思っていましたが、

やはり200万円以上掛かることが今はっきりとしました。

しっかりと開業準備を進めたいと思います。



今日も1日ありがとうございました。

売上高経常利益率

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れの天気でした。



健美家コラムニスト・モーガンさんが書かれたコラムを読ませて

いただきました。

個人の融資条件が悪いことから、

今後は法人の融資で物件を買い進めるというお話でした。

興味があったので参照ブログに飛んだところ、

モーガンさんは法人の財務改善に取り組んでいて、

売上高経常利益率が15%以上になるように意識していたと

書かれていました。



売上高経常利益率とは売上高に対する経常利益の割合のことを指し、

企業の収益性を計る尺度だそうです。

  計算式) 売上高経常利益率 = 経常利益÷売上高

この計算式で自分の法人の売上高経常利益率を計算すると

10%くらいでした。

これでは銀行がお金を貸したい会社にはなれません。

モーガンさんがおっしゃっている15%を目標に

改善していきたいと思います。



先日のメインバンク訪問での話ですが、

提携業者さんからの売り物件情報の一覧を初めて見せてもらいました。

財務が良くて豊富な資金を持っている法人に

金融機関はお金を貸したいのだということがよく分かりました。

弊社も財務状況を改善して、

より多く融資していただけるように頑張りたいと思います。



今日も1日ありがとうございました。

メインバンクに行ってきました

こんばんは。

たっちです。



今日は雨の天気でした。

北海道なのにこの時期に雨が降るのは

良いことなのか悪いことなのか、

どちらでしょうか。



今日は家内と一緒にメインバンクに行ってきました。

私は法人の代表取締役、家内は取締役として出席しました。

今後の事業展開についていくつか聞いておきたかったので

事前にアポを取って伺いました。



「専任の宅地建物取引士」の「専従性」については、

昨日私が電話で振興局建築指導課に問い合わせました。

26日のブログ(『専任の宅地建物取引士とは』)で

書いたことと異なる点はありませんでした。

担当者さんに「専任の宅地建物取引士」の「専従性」について

話をしました。

現法人では引き続き私が代表取締役を務め、

新規法人(宅建業免許取得)でも私が代表取締役を務める旨を伝えて、

金融機関としては問題が無いことを確認しました。

事業として買取再販を行う希望があることを伝えて、

このことについても了承してもらいました。

直接担当者さんに会って話をさせてもらい、

疑問点が解消されたのでこれから新規法人立ち上げに

力を入れて行きたいと思います。

まずは宅建士証取得を進めます。



最後に担当者さんには個人事業の状況について話をしました。

もうじき物件を売却する予定で、

決済後には4ケタ万円の自己資金ができるので、

良い物件があれば紹介していただきたいと伝えました。

すると提携業者さんからの売り物件情報の冊子を渡され、

良いと思われる物件があればコピーしますと言われました。

こんなことは初めてでした。

売り物件情報の冊子が存在することも初めて知りました。

お金があって買えそうだとなれば情報はもらえるのですね。

帰り道に情報をもらった売り物件を早速見に行きました。

売り物件

↑物件の状態は良くありませんでした。

あまり買いたい気持ちが起こりません。

買いたかった物件

↑これは私が買いたかった物件です。

雨が降っていたので車の窓越しの写真です。

先ほどの物件の近くにあります。

帰り道に寄ってみました。

当時の物件価格は1億超えです。

内覧までしたのですがその時は自己資金が足りませんでした。

現在はきれいに外壁塗装が施されていました。



今日も1日ありがとうございました。