登山に備えてウォーキングしています

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れ、曇り、雨の天気でした。

無理をしないでエアコンを使用しています。

使用は今シーズン初めてです。



富士登山に備えていろいろと準備しています。

体力面で不安があるので

近所をウォーキングしています。

今日も歩いてきました。

歩くコースは決まっていませんが、

近所の遊歩道をコースの中心にして

50分くらい歩いています。



本当はもっとしっかりとした体力作りを

したかったのですができませんでした。

せめて体重を2、3キロ落としたかったのですが

変わらずにそのままです。

でもようやく自分で歩いているときの感覚が

違ってきました。

「少し歩けるようになってきたな。」

良い傾向だと思います。

登山自体は三角山に2回、手稲山に3回登っただけで

終了です。



富士登山に向けて

たぶん体力的には大丈夫だろうと考えています。

重い体重が気掛かりですが、

トレッキングポールをついて登るので

膝を痛めることはないだろうと考えています。

フルマラソンに過去2回挑戦して

2回完走した経験があります。

その時のつらい気持ちを経験しているので

そのとき以上に追い込まれることはないだろうと

考えています。



3日後に富士登山に出発します。

ここまで来たら

もう体を鍛えることはできないので、

楽観的に考えて対処するしかありません。

7月1日から富士山の登山規制が始まりました。

報道によると

相変わらず軽装で登山する人がいるようです。

たぶんそういう人たちに比べれば、

事前の準備や心構えはできていると思います。

あとは登山当日の天候だけです。

これは神様にお願いしておきます。



今日も1日ありがとうございました。

手稲山に登りました3

こんばんは。

たっちです。



今日午前は曇りの天気でした。

午後から晴れの天気で気温が上がりました。



今日は午後から手稲山に登りました。

平日の午後から登る人はあまりいません。

帰りの駐車場に止まっていたのは

私の車だけでした。

今回は富士登山に向けて

いろいろと想定しながら登りました。



足を使って登山をしますが、

自分の意識としては足を消費するイメージです。

マラソンで身に付けた考え方ですが、

長丁場なので足をムダに消費しません。

無造作に足を強くついたりはしません。

痛みが出たりしないように

足を丁寧につきます。



呼吸は吸うことより吐くことに集中します。

長く吐きます。

吸うことを意識すると呼吸が浅くなる可能性があります。

富士山には1人で登るので助けてくれる人がいません。

高山病にならないように十分に注意します。



いつもキャップをかぶって登山していますが

毎回暑いです。

キャップではなく、

周りに縁の付いた帽子を買いました。

防水機能があり、透湿性もあります。

スリットが入っているので風通しが良さそうです。

富士登山本番に備えていろいろと試してみます。

手稲山

↑登り始めて30分後の写真です。

ふもと側の景色です。

手稲山

↑頂上側の景色です。

手稲山

↑登り始めて50分後の写真です。

右手に札幌駅周辺が見えます。

手稲山

↑左手に石狩新港が見えます。

手稲山
手稲山

↑ここまで来れば緩やかな登りになります。

頂上まではもう少しです。

手稲山

↑登り始めて75分後の写真です。

ここまで登れば、

あとは頂上まで平坦な道を数百メートルです。

手稲山
手稲山

↑頂上に到着しました。

頂上までは85分くらいでした。

手稲山
手稲山

↑降りてきたところで急にガスってきましたが

無事に駐車場まで到着しました。

行きは1時間半くらい、

帰りは45分くらいでした。



今日も1日ありがとうございました。

手稲山に登りました2

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れの天気でした。



昨日体調不良になって登れなかった手稲山ですが、

今日リベンジして登ってきました。

登りながら冒険家植村直己(うえむらなおみ)さんのことを

考えていました。

若い人には名前を言っても分かってもらえないかもしれませんが、

今でも冒険家と言えば植村さんだと思っています。

私は高校生だった時に学校で植村さんの講演を聞いたことがあります。

冒険をするのに資金が足りず、

御本人はやりたくないのに講演会等を引き受けていたと

記憶しています。



植村さんも不動産を持っていたら良かったのにと

ふと思いました。

でも当時は地主でない人が借金して

アパートを建てるなんてことはできないことでした。

郵便局の定額貯金が利率7%を超えていた時代なので、

融資の利率が高すぎて無理だったと思います。

手稲山を登りながらそんなことを考えていました。



今回は前回とは違って

見通しを持って登ることができたので

精神的には楽でした。

でも前回登ったときより気温が高かったので

体力的にはきつくて汗だくになって登りました。

登りは前回と同じく1時間半、

下りは前回より速くて45分でした。

下りで足を滑らせて尻餅をつきましたが

ケガはありません。

良い経験ができました。

手稲山
手稲山
手稲山
手稲山
手稲山
手稲山
手稲山

↑前回は雪があったのですが

今回はなくなっていました。

今回はガスっていたので

景色はあまり良く見えませんでした。

今日は午後から登りましたが

人が少なくて良かったです。



今日も1日ありがとうございました。