1号物件エアコン取り付け2

こんばんは。

たっちです。



今日は良い天気でした。

昨日はストーブを焚きましたが、

今日は暖かくて必要なかったです。



今日は天気でしたが明日は雨です。

屋根の葺き替え工事は出来ません。

エアコンの室外機は設置出来ました。

1号物件エアコン
1号物件エアコン

↑今回はダクトカバーを付けるのに時間が掛かりました。

コンクリートに下穴を開けないとダクトを固定出来ません。

2分管3分管は細い銅管なので曲げるのに気を使います。

毎回折れないか心配しながらの作業です。

2分管3分管を室外機につなぎ終わってから、

真空ポンプを使って真空引きをします。

2分管3分管の空気を抜いて真空状態にしてから、

室外機に入っている冷媒(フロンガス)を流します。

エアコン取り付け業者さんの中に

真空引きをしない人がいるらしいので注意した方がよいです。

15分間真空引きした後、

ポンプを止めて5分間漏れがないかを確かめます。

今回もうまく行きました。

明日電気の配線をして試運転します。


壁紙張り
タイルカーペット

家内は壁紙張り、タイルカーペット設置で頑張っています。



今日も1日ありがとうございました。

エアコン真空引き

こんばんは。

たっちです。



今日は36℃でした。

エアコンがなかったら、

大変なことになっていたと思います。



2号物件でリフォームです。

エアコンの真空引きをやりました。

前回も真空引きを実施しましたが、

コントロールバルブがなかったために

若干空気が入ってしまった可能性がありました。

不具合が起きて後悔したくないので、

コントロールバルブを用意してやり直しました。

真空ポンプ
チャージバルブ
真空引き接続
コントロールバルブ

↑箱にはチャージバルブと書いてありますが、

コントロールバルブという呼び方で間違いないと思います。



エアコン室内機と室外機をつないだときに、

配管の中には空気があります。

この空気を抜くことを真空引きと言います。

配管の中の空気を抜いてから、

配管にフロンガスを流すというのが手順になります。

まず真空ポンプを室外機のサービスポートにつないで

10~15分ポンプを回します。


真空ゲージ
真空ゲージ

↑上の1枚目の写真は真空引きを実施した直後の

真空ゲージの写真です。

2枚目の写真はそれから5分後の写真です。

この時にゲージの針が動いた場合は、

配管に接続不良があり、

フロンガスが漏れてしまうということになります。

針が動いていないので、

真空引きは成功です。


六角レンチ

↑六角レンチを使って

室外機から配管内にフロンガスを流します。


エアコン室外機カバー

↑室外機カバーを取り付けて終了です。


エアコン試運転

↑試運転で冷たい風が出てきました。

うまく行って良かったです。



今日も1日ありがとうございました。




エアコン取付け2

こんばんは。

たっちです。



今日は1日曇り空でした。

少し蒸し暑い気もしますが、

作業するにはちょうど良い感じでした。



昨日の続きでエアコンの取付をしました。

エアコン取付け

↑電気のケーブルを接続して、

ドレンホースの位置を付け替えています。

昨日はここで終了していました。


エアコン取付け

↑エアコン冷媒を通す銅管、2分管・3分管を接続しました。

その上からテープを巻いています。

エアコンの正面から見て、

左側にホース、電気ケーブル等が来るのを左配管と言います。

左配管は室内機の裏側をホース等が通るのでやりづらいです。

エアコンの設置は初めてなので、

できれば右配管でやりたかったです。


エアコン取付け

↑背板に室内機を引っ掛けました。

ホース等を穴に通すことに苦労しました。

手伝ってもらわないと難しいです。

家内と2人で何とか室内機設置を終えました。


エアコン取付け

↑写真は室外機を架台に載せて、

2分管、3分管を接続したところです。

この後、電気ケーブルを接続しました。

室外機はホース等を通す前に載せるべきでした。

室外機を設置してからホースの長さを

決めるつもりでいたために、

長いままのホースが本当に邪魔でした。

銅管なので折れることが心配でした。

室外機は22キロの重さがあり、

持ち上げる高さがあったので大変でした。



今日は室外機の設置も終わり、

接続関係はすべて終わらせました。

必死すぎて写真を撮る余裕がなく、

完成写真がありません。(すみません)

事前のシミュレーションが十分ではなく、

銅管のフレア加工等が分からず、

その場でYouTubeを見て対処しました。



銅管に冷媒を通す前に銅管の中の空気を抜く

真空引きまで終えましたが、

工具が足りずに空気が入ってしまった可能性が

あることに気付いて、

銅管の中に冷媒をまだ通していません。

試運転はまた今度やることにします。

工具を揃えて再度真空引きをした後に

試運転したいと思います。



今日も1日ありがとうございました。