税理士さんの訪問日

こんばんは。

たっちです。



今日は曇りの天気でした。



今日は税理士さんの訪問日でした。

今は2ヶ月に1回、

自宅に来てもらっています。

毎回いろいろと相談させてもらっています。



1.軽トラを買い換えたい

  今乗っている軽トラは中古で購入しました。

  購入から4年半が経ちました。

  車が古くあちこちにサビが発生しています。

  先日ディーラーで車を見てもらいましたが、

  部品交換が必要になりそうな箇所を

  数ヶ所指摘されました。

  急に修理が必要になって車が使えなくなると困るので、

  思い切って新車を購入しようと考えているということを

  相談させてもらいました。

  税理士さんはウチが排雪で軽トラを使用しているのを

  知っているので、

  ダンプタイプの新車を考えていると相談したところ、

  大賛成してもらえました。

  早速見積を取って車種を選定したいと思います。



2.小ぶりなアパートを購入するかもしれない

  昨日内覧したアパートの買付証明書を

  メールで仲介業者さんに送付しました。

  指値をお願いしているので、

  買付を受けてもらえるかはまだ分かりません。

  購入を打診していた金融機関さんに

  念のためにもう一度確認の連絡を入れました。

  購入するかもしれないということで

  税理士さんに伝えておきました。



3.11号物件の不動産取得税が6月に来るかもしれない

  不動産取得税の金額は概算で130万円です。

  法人は7月末が決算ですが、

  この取得税を一括で支払うと赤字になる可能性があります。

  もし不動産取得税の納付書が来た場合には、

  3分割くらいでの納付をお願いして、

  今期中は3分の1くらいを支払って、

  残りは翌期の8月1日以降に支払うことを

  税理士さんに承諾してもらいました。



以下、税理士さんから聞いた話です。

・除排雪費用は家族がケンカをしない、

 ケガをしないための必要経費であるので、

 費用が高くても仕方がないという話

・税理士事務所に勤めていたときの話で、

 後輩税理士が「30万円の税金は安い」と

 うっかり言ってしまい、

 顧客から怒られてしまったという話

・顧客が自宅マンションを売って儲かったという話を

 してしまい、

 それを聞いていた取引先の人が、

 だったら支払いを先延ばしにしても良いだろうと

 言ってきたという話



毎回参考になる話を聞かせてもらっています。

税理士さんに来ていただくのが毎回楽しみです。



今日も1日ありがとうございました。

 

  

税理士さんの訪問日

こんばんは。

たっちです。



今日は曇りの天気でした。

気温が高くて蒸し暑かったです。



今日は忙しかったです。

振り返ってみます。

朝一で某信金さんに初めましてのご挨拶に夫婦で伺いました。

所有物件や運営方法について話しました。

ウチの賃貸業スタイル、考え方を分かっていただけたと思います。

購入したい物件が出れば持ち込みたいと思います。

帰りにシャトレーゼに行ってケーキとお菓子を購入。

その後、自宅に戻りました。



昼食後に税理士さんの訪問を受けました。

法人第4期決算がまとまったので

決算書や申請書に署名、捺印しました。

法人の営業利益率は

営業利益/売上高で考えれば、

今期は16%くらいでした。

ただこの数字の見方はいろいろとあるようで、

不動産賃貸業の場合には借金返済があるので、

それを含めて考えると

利益率は6%前後という見方になるらしいです。



税理士さんに車両費について相談しました。

今までは個人の経費で車両費をまかなってきました。

今期から法人の経費でまかないます。

8月はガソリン代だけで3.5万円掛かりました。

今乗っている車の調子が悪いので

車を入れ替えようと考えています。

車の減価償却費が増えると利益が減ります。

対策として売上(家賃収入)を増やす必要がありますが

物件を購入できていません。

今まで少ないながらも4期連続増収増益の結果でしたが

このままだと5期連続は難しいです。



5号物件の外壁塗装見積を取りました。

金額が大きいので資本的支出にするつもりでいますが

またまた減価償却費が増えてしまいます。

外壁塗装だけをやって屋根はやらずに費用を減らすことを

考えましたが、

いずれはやらなければならない時期が来て、

その場合には費用がかさむことになります。

また、これから毎年物価が上がることを考えれば、

早く塗装を実施した方が得なのではないかという

考え方があります。

どうしたら良いのか悩みます。



税理士さんとこのような話をしているところで

電話の着信が7回とLINEが数回来ました。

いずれも大事な要件だったのですが

今日に限って重なりすぎです。



税理士さんを見送った後、

思い立ってマツダのディーラーに行って中古車を物色。

どの車も3×6(サブロク)の板を積むには

ラゲッジスペースの長さが足りず、

マツダ車の購入を諦めました。

その後にビバに寄って壁紙を受け取って帰宅しました。

今日取った行動が

次につながってくれることを期待します。



今日も1日ありがとうございました。

もうすぐ法人の決算です

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れの天気でした。



今日は税理士さんの訪問日でした。

もうすぐ法人の決算です。

税理士さんにはまだ全部を見てもらっていませんが、

法人第4期の決算は黒字決算で

利益率は10%を越える予定です。

4期連続の黒字で増収増益です。

私は黒字決算にこだわっています。



毎回税理士さんからお話を聞くのを楽しみにしています。

ある経営者さんは個人の所得税率にこだわりがあるそうです。

その人は最高税率55%(所得税45%、住民税10%)

で税金を支払いたいのだそうです。

(税率が間違っていたらゴメンナサイ)

最高税率の適用を受けるには年収5,000万円以上だそうです。

スゴすぎですね。



今、乗っているワゴン車の調子が悪くて

乗り替えることを考えています。

でも次に乗る車はどんな車が良いのか悩んでいます。

来期から車両費を法人事業の経費でまかなう予定でいます。

今までは個人事業の経費でしたが、

個人の物件を売却して収入が減ってしまったので

法人事業経費として扱うことにしました。



そこで車の減価償却率が話題になりました。

私はあまり法人の経費を増やしたくないので

中古車を買うつもりでいたのですが、

例えば5年落ちの車を買うと償却年数は1年です。

例えば200万円の中古車を買った場合、

基本的には200万円を1年で償却することになります。

今のウチの法人でこれをやったら絶対に赤字決算になります。

赤字にしないために役員報酬を減らすということが

一つの手であるらしいのですが、

車を買うために役員報酬を減らすことには抵抗があります。

税理士さん曰く、

やはり私と同様に考える経営者の方がいて、

車を買うために役員報酬を減らすことは

避けたがっていたようです。



新車の場合は6年で償却するので、

300万円くらいの国産車であれば、

ちょうど良い償却具合になるようですが、

私はそれにも抵抗があります。

やはりまだまだ規模拡大が必要で、

家賃収入をもっと増やさないとダメだという

結論になりました。

早く所有物件を増やして

気兼ねなく経費を使えるようになりたいものですね。



今日も1日ありがとうございました。