排水調査

こんばんは。

たっちです。



今日は雪、曇りの天気でした。



今日は7号物件で専門業者さんに

排水詰まりを見てもらいました。

排水詰まり
排水詰まり

↑カットされている銅管にコンプレッサーを接続して

排水詰まりの調査をしてもらいました。



昨冬、2室で水漏れ事故があって、

Dバルブを交換して直ったと思っていました。

ところが今年1月に空室の1室から再び水漏れが起きました。

いつも管理会社さんがお願いしている業者さんでは

対応できないということで、

今回は専門業者さんにお願いしました。



コンプレッサーで圧力を掛けましたが、

排水詰まりは無しでした。

排水管に直で水を流して、

実際に水が流れていることを確認しました。

結論としては、

凍結によって排水管が詰まっていたのだろう

ということになりました。



専門業者さんに見てもらって、

原因がはっきりしたので良かったです。

もう少し暖かくなったら、

排水パイプを断熱材で巻くなどの対策を取りたいと思います。



今日も1日ありがとうございました。

7号物件再度水漏れ

こんばんは。

たっちです。



今日はいい天気でした。

室内の温度が高くてうれしいです。



昨日管理会社さんから連絡をもらいました。

7号物件の空室で再度水漏れが発生しました。

昨年の1月にも2部屋で水漏れが発生して、

ユーティリティーやキッチンが

スケートリンク状態になりました。

↓昨年の水漏れ写真です。

リビング
リビング
LIVING202
ユーティリティー2

幸いにも火災保険の適用を受けて復旧しました。

パイプスペースの中にあるDバルブの不良が原因ということで

Dバルブを新品に交換しました。

それで昨シーズンはその後は何もなかったのですが、

今度は水抜きバルブが不良になったようです。

水抜きバルブの不良で水が回って室内で漏れたようです。

水道管が凍結して破裂しないように、

水抜きを完了した後に空室はすべての蛇口を解放しておきます。

開けたままにしておきます。

↓今年の水漏れ写真です。

キッチン
キッチン
キッチン

↑キッチンの中にフローリング板を敷いていました。

今回は管理会社さんのおかげで早く発見できたので、

フローリング板が濡れていただけで、

キッチン下の床までは濡れていませんでした。

最悪の場合は前回同様にキッチンを外してから

床を乾燥させるつもりだったので、

今回はキッチンを外さずに済んで本当にラッキーでした。

空室の水道関係は油断できません。

冬期に空室の定期的な巡回は必要ですね。



今日も1日ありがとうございました。