なぜ自分はDIYをするのか

こんばんは。

たっちです。



今日は朝の気温7度でした。

日中の気温は21℃まで上がりましたが、

季節は進んでもう秋ですね。



昨日の続きで考えてしまいました。

「なぜ自分はDIYをするのか。」

でも、こちらは答えが単純で答えやすいです。

「自分はDIYをするのが好きだから」です。

私の中ではDIY=不動産賃貸業みたいな所があります。

師匠のきみ子さんに「リフォーム」することを初歩から教えてもらい、

今では一通りのことはできるようになりました。

(師匠のおかげです。ありがとうございます。)

最初に取り組んだときから「リフォーム」なので、

リノベーションという言葉は私にはピンと来ません。



身に付いた習性として、

まず自分だったらどうリフォームするのかを考えます。

自分の中でイメージすることができれば、

経験したことがないリフォームでも挑戦します。

私が業者さんにリフォームを依頼する場合は、

基本的に

自分でやることができないか、

自分でやる時間がないかのどちらかです。

自分がやったときの時間と

業者さんにやってもらったときの時間を天秤に掛けて、

早くリフォームを終えて入居募集できるようになるのであれば、

業者さんにお願いすることもあります。

お世話になっている管理会社さんにお金が入るように、

あえて管理会社さん経由で発注することも時々あります。



DIYすることのメリットについて書きます。

1.自分でやると安い

  掛かるのは材料代だけです。

  人工代(にんくだい=業者さんの日当)が掛からないので

  リフォーム費用が安く上がります。

2.自分でやると速い

  大家が業者さんに直接頼むとなると、

  打合せをして、見積をもらい、

  それから工事の段取りを組むことになります。

  業者さんの仕事が込んでいる場合は

  すぐには工事に入ってもらえません。

  自分でやる場合には打合せ等が必要ありません。

3.自分が考えているようにできる

  業者さんは設備は新品を使います。

  細かい面倒な修理はやりません。

  (↑クレームが付いたりすると面倒だからです。

   また、時間内で仕事を終えなければならないからです。)

  自分でやるときは施設・設備を新品交換するのか修理するのかを

  判断します。

  使える物はきれいに清掃して塗装したりします。

  カッティングシート、ダイノックシートを貼ったりもします。

  8号物件戸建では天井から吊っている戸棚が干渉して

  背の高い冷蔵庫が置けませんでした。

  吊り戸棚の穴の位置を60ミリずらして開け直した結果、

  背の高い冷蔵庫を置けるようになりました。

  (↑業者さんであれば新品の吊り戸棚を付けると思います。)

4.現場を自分たちで管理することができる

  以前、業者さんが2号物件でサンダーを使用して

  部屋中が粉まみれで放置されていたことがありました。

  新品の換気扇を回されて換気扇も粉まみれでした。

  自分たちだけで作業していれば、

  自分たちがやりやすいように現場を管理できます。



長くなったのでデメリットは次回書きます。



今日も1日ありがとうございました。





物件調査

こんばんは。

たっちです。



今日は朝曇りでしたが、

その後は晴れました。



師匠のきみ子さんから物件情報を教えてもらって

物件を見てきました。

中古アパート
中古アパート
中古アパート

↑車庫の高さは1,600ミリしかありませんでした。

外壁はコーキングだらけですが

良く管理されているアパートだと思います。

資料では間取りが2LK(!?)となっていました。

自宅から車で数分のところにあって近くて良いのですが、

金額が高いので様子を見たいと思います。



午前はジョイ〇ルに行って資材を購入して、

トラックを借りて運びました。

↑窯業系サイディングを5枚購入しました。

家内に手伝ってもらいましたが、

重量があるので1枚ずつしか運べませんでした。

サイディングの下にあるのは

購入した松の管柱(くだばしら)90ミリ角です。

↑6尺ガルバリウムの波板です。

今日のおうちリフォームは資材の購入で終わりました。



もう一つありました。

「山」について市役所から情報をもらいました。

近いうちに現地調査に行きたいと思います。



今日も1日ありがとうございました。

久し振りの会話

こんばんは。

たっちです。



今日は湿度が低くて良い天気でした。



先日、しばらく会っていなかったので気になっていたサロンさんに

電話してみました。

変わらず元気そうでした。

きみ子さんと一緒にリフォームしていた戸建のこと、

最近の不動産関係の動きについて聞きました。

奥さんのゆめちゃんも元気そうでした。

会話の中で私が勤め人を辞めて専業大家になった時に、

私が「物件を買えなくて夜眠れない。」と言っていた

という話になりました。

言った本人はさっぱりと忘れて全然覚えていませんでした。

嫌な記憶を忘れている今の私は幸せですね。

他の人から自分を見ていてもらうことはすごく大事だなと思いました。



数日前、屯田兵3号さんから電話が掛かってきて

久し振りに話をしました。

こちらから電話しようと思っていたところだったので、

声を聞けてうれしかったです。

私からは5月末に買った9号物件アパートや

昨夏に買った8号物件戸建についての話をしました。

3号さんからは運営している学生寮や新規事業について

話してもらいました。

3号さんはすでに大きな大家さんですが、

そんな立ち位置にいる人でも新規に事業を始めることを考えていて、

実際に行動しているところがスゴいと思いました。



久し振りに仲間の声を聞いて話ができて良かったです。

身近に仲間がいてくれることは本当にありがたいです。

ゆめちゃんと話している途中で、

このまま不動産を続けて頑張っていれば、

自分でも100室まで行けるかなと

初めてイメージすることができました。

ありがとう。



今日も1日ありがとうございました。