物件融資持ち込み

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れのよい天気でした。

近所のご高齢の方に依頼されて、

雪に覆われていた車庫の中から自転車を出し、

排水口を2箇所掘り当てました。



久し振りにメインバンクに物件資料を持ち込んで、

担当者さんにざっくりとした物件の評価をしてもらいました。

3月3日のブログ『中古アパートの内覧』で書いた

中古のアパートです。



大体私の見立て通りの評価でした。

中古木造アパートなのに

物件価格が7,000万円超えと高いです。

土地値が安いので積算評価が出ません。

築16年と比較的築浅ではありますが、

このメインバンクでは中古木造の場合、

融資期間は15年までとなっているようです。



路線価が載っていない倍率地域の物件でしたが、

令和2年では路線価が載っていました。

担当者さんが調べてくれました。

こういうことがあるんですね。



もう少し時間が経って、

まだこの物件が売れないで残っていれば、

指値に応じてもらえる可能性はあると思っています。

少なくとも価格が6,000万円台にならないと

購入する意味が無いと思います。



中古木造アパートで

2,000~3,000万円くらいのものがあれば、

取り組みやすいと考えています。

買えると信じて

地道に物件を探すことですね。



今日も1日ありがとうございました。



連絡いろいろ

こんばんは。

たっちです。



今日は曇りでした。

午後から晴れると思っていましたが、

曇ったままでした。



今日はいろいろな連絡を受けました。

1.1号物件入居者さんの息子さんより

  入居者さんが病気でお亡くなりになりましたが、

  引き続き同居していた息子さんが

  住んでいただけることになりそうです。

2.管理会社さんより

  残念ですが2号物件で退去があります。

  退去理由は実家に戻るためということです。

  コロナの影響でしょうか。

3.屋根業者さんより

  11月初旬に1号物件の屋根葺き替え工事が

  始まる予定でしたが、

  屋根材が入荷しないかもしれないという連絡でした。

  善後策を講じます。

4.政策公庫さんより

  1号物件屋根葺き替え工事で融資を申し込みました。

  しかし、引っ越しをして住所が変わっているので、

  こちらの政策公庫に移管することになるようです。

  その場合には現在の政策公庫借入金を含めて、

  運転資金として借り換えになるようです。

  結果として融資期間が長くなり利率が下がるらしいので

  うれしいことではありますが、

  融資がうまく通ることを祈るばかりです。



今日も1日ありがとうございました。