ソロバンをはじく

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れて良い天気でした。



昨日から遠方にある中古アパートの購入を検討しています。

以前にも購入を検討したことのある物件です。

その時より販売価格が30%下がりました。

電話で担当者さんに事情を聞いてみました。

ようやく売主さんが本気で売る気になり、

現実的なところで販売価格を下げたようです。



〈メリット〉

築年数は古いですが、

土地が広くて世帯数以上の駐車が可能です。

立地は街中にあって便利な場所です。

建物を壊した後はアパート新築用地として使えます。

〈デメリット〉

単身者向けの間取りで、

入居は12戸中3戸です。

現在入居募集はしていません。

ほとんどの部屋が長期に渡って空室が続いていると思われます。

売主さんは建物の修繕をしていません。

外壁等に相当の傷みがあります。



購入した後のアパート運営方法について

1.単身者向けの間取りですが、

  事務所使用に需要があるのではないか。

2.壁を抜いて2部屋を1部屋にして、

  2DK以上の間取りにしたらどうか。

3.リフォーム費用をなるべく掛けずに

  安い賃料で募集するが、

  入居者さんに対してのアピールとして

  エアコンを設置したらどうか。

等、いろいろと考えました。



内覧はこれからなので、

物件を見た上で買うか買わないかを

決めるつもりでいますが、

ソロバンをはじきだしてから

「うーん」と唸ってしまいました。

外壁補修に100万円、屋根補修に100万円、

内装リフォームに200万円、給湯ボイラー交換に150万円、

室内水道管取り替えに200万円、合計で750万円、

それ以上掛かるかもしれません。

ざっと見積もってみましたが、

諸費用を含めると1,000万円を超えると思います。

物件購入価格と合わせたら、

そこまで中古にお金を掛けてやる意味があるのかどうか。



十分な資金があって、

購入後すぐに更地にして新築をやるには

ちょうど良い物件かもしれません。

でも、ウチにはそこまでの資金はありません。

考えどころです。



今日も1日ありがとうございました。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。