「日本の住宅の断熱性能は低い」← 知っていましたか

こんばんは。

たっちです。


日本の住宅の断熱性能は低い。

この事実を知っていましたか。

欧州や米国の住宅と比較すると、

日本の住宅の断熱性能はかなり低いようです。

( ↑ 関連の本を2冊読んだだけですが)


以前ほどの勢いはありませんが、日本の工業製品は

今でもそこそこ優秀だと思っています。

家電製品や自動車などの性能や品質において、

個人的には信頼を置いています。


その日本が住宅の断熱性能においては遅れていたなんて。

どうしてなんでしょうか。

省エネ基準が改定されずに古いままらしいです。


私は就職のために関東から北海道に移ってきました。

実家は安普請だったので、冬にポータブルのストーブを消すと

室温は5℃くらいでした。

多分そういう家が今でも関東では多いと思います。


その後北海道で自宅を新築しました。

冬に暖房を止めたら13℃くらいでした。

寒冷地では住宅の断熱は大事で、

「やっぱり北海道の家は暖かい」と当時は喜んでいましたが、

それでも他国と比べると断熱性能は低かったんですね。


所有している築30年の中古RC造アパートには

内窓はありますが、サッシはペアガラスではなくシングルです。

「何でペアガラスではないの!?」

分譲マンションならペアガラスを使ったりするのでしょうが、

コストを下げるためなのか、賃貸マンションでは北海道でも

シングルガラスを使っているようです。


多少コストが掛かっても、住宅の断熱性能は上げるべきだと思います。

省エネにつながって、二酸化炭素削減になる。

日本全国で取り組めば、相当のエネルギー消費を抑えられる。


2030年にはガソリン車の販売を止めるなんてことしなくても、

基準を改めて住宅の断熱性能アップに取り組めばいいのに。


自分が出来る範囲で断熱性能アップができないかを

検討してみます。


今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。