公庫にインターネット申込み

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れ間がありましたが、

風が強くて天気が不安定でした。



1号物件屋根葺き替え工事に約140万円掛かります。

まずはメインバンクの信金さんに葺き替え工事の融資を

持ち込みましたが断られました。

1号物件には日本政策金融公庫の

根抵当権が設定されているので、

1番抵当権を設定できなければ

融資はできないということでした。



政策公庫に電話で問い合わせたところ、

設備資金として7年の融資を受けられそうです。

根抵当権が設定されているので、

それほどの手間は掛からずに審査は通りそうな感じです。

ただ支店替えをする必要があり、

そのことに時間が掛かるので、

融資実行までに2ヶ月くらい掛かると言われています。



そこまで電話で打ち合わせをした後、

インターネットで申込むことになりました。

ネット上で必要事項を記入して、

必要書類をアップロードします。

書類をスキャンしてパソコンに取り込み、

PDFファイルに変換しました。

今までにもやったことはありましたが、

今回は複数ページを1つのPDFファイルにします。

自分にとっては初めてのことだったので手間取りました。



PDFファイルへの変換を

あらかじめやっておけばよかったのですが、

ネット申込みと並行して行ったために、

時間制限をオーバーしてしまって

途中からやり直すことになりました。

しかし、やり直しの2回目は比較的スムーズに進み、

ネット申込みは終了しました。



後は担当者が決まれば、

政策公庫から連絡が来るそうです。

ネット申込みは少し難しい気がしますが、

こういったスキルを磨くことがコロナ禍の時代においては

必要なことなのかと思っています。



今日も1日ありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。