残念だったこと

こんばんは。

たっちです。



今日は曇り時々雪の天気でした。



今日は2号物件でリフォームしました。

シロッコファン

↑新品換気扇に付いているシロッコファンです。

真っ白です。

最初は新品の換気扇がなぜ汚れているのか分かりませんでした。

キッチンを付けた業者さんか、

フローリングを張り替えた業者さんが

換気扇を回して白い粉が付いたようです。

白い粉を出す建材で思いついたのは石膏ボードです。

しばらくの間考えて、

何か必要があって石膏ボードを削った時に

換気扇を回したのだろうと思いました。

でも石膏ボードを削ってもこんな風に換気扇に付着するのか。

またしばらくの間考えて結論が出ました。

吊り戸棚の下
吊り戸棚の下

↑キッチンパネルを張ろうとして

立てかけているので分かりづらいですが、

キッチンと吊り戸棚の間の壁はタイルが貼られています。

吊り戸棚下の目地の部分にディスク(円盤)で削った跡が

ありました。

目地の上部が吊り戸棚に干渉するので

業者さんがディスクグラインダーで削ったのです。

マイナスドライバーのような道具で削れば、

削りかすは出ますがこんな細かい粉は出ません。

作業効率を優先してディスクグラインダーを使用して、

粉が舞うので換気扇を回したのです。

その結果、シロッコファンに白い粉が付着したのです。



キッチンを付ける業者さんはキッチンを付けることが仕事です。

グラインダーを使うために

シート等を使って養生してくれたのかもしれません。

床は清掃してくれたのかもしれません。

換気扇までは気が回らなかったのかもしれません。

換気扇が汚れているのに気が付いていても、

どうせハウスクリーニングが入るのだから

と考えたのかもしれません。



残念なことですが、

こういうことがたまにあります。

自分自身でリフォームをしていれば、

自分で現場の管理ができるのでこういうことにはならないです。

このままだったら入居者さんをがっかりさせるところでした。

入居者さんが気付く前に

自分たちが気付くことができて良かったです。



今日も1日ありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。