釣った魚の命をいただく

こんばんは。

たっちです。



昨日ほどではないですが、

気温が高くてうれしいです。

ただ、黄砂でかすんでいます。(笑)



今日は今シーズン初めて釣りに行きました。

事前に準備をしていなかったので、

準備が終わって出かけたのが8時過ぎでした。



釣り場に着いたら、

平日にもかかわらず多くの釣り人がいました。

シーズン初日で勘が戻らず、

もたもたして、すぐには釣りを始められませんでした。

隣の人は竿を4本も出して、

遠投して本格的な釣り人風。

私は2本目を出す余裕がなく、

チョイ投げ風味で、しかも左右にぶれる初心者。



でも最初に釣れたのは私でした。

しかも人生初のヒラメ。

「左ヒラメ、右カレイだよな。」

目の位置で確認しました。

初ヒラメ



今年やってみたいことの一つが

釣った魚を自分でさばくことだったので、

早速自宅に戻って挑戦しました。



いざ始めようと思って感じたのが「怖い」という感情でした。

生きている魚の命をいただく。

その重大さに改めて気付いて、

一瞬海に返しに行こうかと思ったくらいでした。



魚に手を合わせてからさばきました。

さばき方はYouTubeで調べてやりましたが、

簡単には行きません。

家内と2人で時々交代しながらやり終えました。

ヒラメは刺身に、カレイは唐揚げにしていただきました。

おいしかったです。

天気の良い日を選んで釣りに行けて幸せです。

これも不動産のおかげです。



今日も1日ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。