試験勉強中

こんばんは。

たっちです。



今日は午前中に晴れ間が見えたものの、

その後は曇って寒い感じでした。



今勉強している宅建士試験の権利関係の分野で、

「代理」という言葉がたくさん出てきます。

無権代理、任意代理、法定代理、

双方代理、復代理、表見代理等です。

専門用語で普段聞かない言葉なので、

意味するところを理解するのが難しいです。



たとえば無権代理人というのは、

権限がないのに勝手に本人の代理人として

土地等の売買契約を結んでしまう人のことを言います。

↑でも実際にこんなことをする人はいるんでしょうか。

これって詐欺ではないの。

不動産を扱う人間としては必要な知識なのかもしれませんが、

今一つピンときません。



試験に出るから大事だということなのですが、

本当に役に立つのかという疑問を久し振りに感じて、

大学受験の頃を思い出しました。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。