宅建士試験の振り返り

こんばんは。

たっちです。



今日は寒い1日でした。

今シーズン初めて暖房を焚きました。



宅建士試験は厳しかったです。

試験時間の2時間、

必死になって問題に取り組んで疲弊しました。

結果は言うまでもなく、

来年の受験が決定です。



宅建士の通信教育講座で勉強を続けてきました。

戦略的にはそれが失敗でした。

通信教育講座のカリキュラムでやっていれば、

合格ラインに達するだろうと考えていました。

仕事が忙しくなった時に、

勉強に取り組めない時期があるだろうと考えていました。

そんな時でも通信教育講座をペースメーカーにして、

早いうちから取り組めば大丈夫だと思ってやっていましたが、

それではダメでした。

それがダメでした。



通信教育講座のテキストには、

「権利関係は14問中8問正解して、

宅建業法は20問中16問正解できれば

合格ラインに乗ります。」

と書いてありました。

↑それではダメなんです。

宅建士試験は年ごとに合格点が変わります。

問題が易しければ合格点は上がる。

問題が難しければ合格点は下がる。

合格者数で合否のラインを切っているでしょうから、

最低でも40点取るくらいでないと、

合格は望めません。



主体的に取り組むことを意識しなかったため、

間違った戦略で勉強を続けてきました。

当然、力は付きません。

途中でそのことに気付きましたが、

遅すぎました。

巻き返すには時間が足りませんでした。



お金を掛けて時間を掛けて取り組んできたのに、

「何をやってんだよ」という気持ちでいます。

次回は「絶対に合格する」という強い気持ちを持って、

全力で取り組みたいと思います。



今日も1日ありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。