知床観光船の事故

こんばんは。

たっちです。



今日は良い天気でした。

ようやく風が収まってきました。



ウクライナ戦争の報道で気持ちが暗くなっているところに、

今度は知床観光船の事故が起こりました。

私は以前は道東に住んでいたので、

ニュースになった当初から気になっていました。

知床には最近は行っていませんが、

たぶん3回くらいは行ったことがあります。



ニュースが流れたときに

「船が30度ほど傾いている」と聞いて、

今時期の海水温では生存は非常に厳しいと思いました。

海が荒れると分かっていたのに

どうして船を出したのでしょうか。

他の会社との話し合いで、

他の会社はゴールデンウィークからの運行を決めたのに、

どうしてこの会社だけ運行することにしたのでしょうか。

近くに他の船がいれば救助することができたのに、

海が荒れるから漁船も出航を控えていて

周りに船はなかったようです。

悪い条件が重なりすぎです。



船上で恋人にプロポーズするつもりで

船に乗った人がいたようです。

あまりに気の毒な話です。

小さな子どもを連れて夫婦で乗った人もいたようです。

どんなに怖い思いをしたのかを想像するだけで胸が痛みます。

観光船運営会社の責任は重大です。

命より大事なものはありません。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。