気持ちは『不安げ』!?

こんばんは。

たっちです。



LiSAさんが歌う鬼滅の刃の主題歌『紅蓮華』、

2年前の紅白歌合戦で歌われていた曲ですが、

今でもラジオなどでよく流れています。

映画『無限列車編』は本当に見て良かったです。

私は号泣しました。

映画を見てあんなに涙を流したのは初めてです。



その『紅蓮華』の替え歌を

さくらまやさんがテレビ番組で歌いました。

タイトルは『不安げ』です。

小さい頃から演歌歌手として活動して、

現在は大学生活と仕事を両立しています。

昨年両親と一緒に住む住宅を購入したそうです。

価格は1億円だそうです。

ローンの支払いが始まった途端、

コロナ禍の影響で仕事が激減しました。

「仕事がないのにローンの支払いがある。」

そのことを自虐的に替え歌にしたのが『不安げ』です。



今のところは幸せなことに、自分の事業に関して

コロナ禍の影響はまだそれほど感じられません。

でもこれからどんな影響が出てくるのかを考えると

やはり不安になります。

先日私は精神的に落ち込んで、家内に弱音を吐いていました。

もしサラリーマンを辞めていなければ、

職場で同僚たちに不安な気持ちを聞いてもらうことも

できたかなと都合良く考えてしまう自分がいます。

勝手なものです。



どうするか。

深呼吸して気持ちを落ち着かせる。

今自分ができることに取り組む。

「明けない夜はない。」

そう信じてちょっとだけ頑張ってみます。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。