行けると思った物件は事故物件 だった

こんばんは。

たっちです。



今日は雪が降って、風が結構強かったです。

歩道は雪が溶けてベチャベチャでした。



昨日、ネットで見つけた戸建に

メールで問い合わせをしました。

スペックは

築27年の中古戸建、

田舎のJR駅から徒歩10分以内、

土地が120坪で北東角地、

価格はほぼ土地値でした。



価格が安かったので、

残置物が山盛りあるとか、

ペットを飼っていて室内が汚れているとか、

雨漏りや水道管破裂で内部が玉砕しているとか、

そんなマイナス面があるかもしれないと

考えてはいました。



しかし、実は事故物件でした。

最初はアットホームで物件を見つけ、

そのときは分からなかったのですが、

連合隊で同じ物件を調べていて、

「告知事項あり」の文字に気付きました。

でも住所や銘板に書かれた会社名をネットで検索しても

何も出てこなかったので、

それほどのことではないのだろうと考えて、

その物件をどう料理しようかと妄想していました。



今朝、仲介業者さんに電話を入れて聞いたところ、

事故物件であるということと、

何と事故は2回起きているということが分かりました。

ビックリです。

内容には触れませんが、余程のことがあったのでしょう。

すっぱりとあきらめて転進します。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。