竜とそばかすの姫

こんばんは。

たっちです。



今日は29℃でした。

暑かったですが、

以前の暑さとは違ってしのぎやすかったです。



細田守監督の『竜とそばかすの姫』を

家内、娘と私の3人で見てきました。

『未来のミライ』以来の細田守監督作品です。

私は『サマーウォーズ』が一番好きでしたが、

今回の『竜とそばかすの姫』も本当に良かったです。



ネタばらしにならないようにあまり内容には触れませんが、

こういうストーリー展開は予想していませんでした。

劇中にU(ユー)というネット上の仮想空間が出てきます。

『サマーウォーズ』にもOZ(オズ)という

仮想空間が出てきましたね。

物語ではネット上の仮想空間での出来事から、

リアルの現実世界につながります。

ネット上での主人公は華やかですが、

現実世界で起こっている事は

非常に現実的で厳しいです。

脚本は細田守監督が書いていますが、

ここに結びつけてくるのは

さすがという感じがしました。



私は映画にはあまり詳しくありませんが、

細田守監督作品の中で最高傑作と言ってもよい

素晴らしい映画だと思いました。

いい映画を見て元気が出ました。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。