まぜ太郎組み立て

こんばんは。

たっちです。



今日は雨の天気でした。

ウポポイに行く予定でしたが雨がひどいので止めました。



昨日、「まぜ太郎」が届いていました。

今日、組み立ててみました。

まぜ太郎
まぜ太郎

↑約38キロの重さがあります。

部品が飛び出しています。

まぜ太郎
まぜ太郎
まぜ太郎
まぜ太郎

↑ボルト、ナット類は使う順番にA~Iまで

小袋に分けられていました。

同じ種類のボルト、ナットがあったのに

わざわざ分けられていたのは好印象でした。

まぜ太郎

↑ボルト穴にバリがありました。

塗料のバリでは無くて金属のバリでした。

ラジオペンチで取り除きました。

こういうものが付いたままで組み立てると失敗の元になります。

まぜ太郎
まぜ太郎

↑黒いパッキンは両面テープで貼り付けられています。

見て分かりますが一部がずれています。

浮いている部分もありました。

ずれている部分を剥がして貼り付けしなおしました。

購入者のレビューを見ると、

ボルトの穴がずれて開けられていたこともあったようです。

中国製なので多少の不具合を覚悟していましたが、

ほぼ大丈夫だったので良かったです。


まぜ太郎
まぜ太郎
まぜ太郎

↑組み立ては一人でやって2時間くらい掛かりました。

二人でやればもう少し早くできると思います。

効率的に作業ができるので二人で組み立てることをお勧めします。

結構力が必要になる部分があったので、

力が無い人が組み立てを一人でやるのは厳しいかもしれません。

「まぜ太郎」を実戦に投入する日が楽しみです。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。