リフォームしたい脳

こんばんは。

たっちです。



今日は良い天気でした。

日中の日差しは厳しかったです。



自宅外壁・屋根のリフォームを考えています。

業者さんから見積をもらうつもりで数社に依頼しています。

見積はこれからですが高額な見積金額が出てきそうで怖いです。

屋根は塗装してもらうつもりでほぼ決めていますが、

外壁についてはまだ決めかねています。

サイディングを張り替えるのか塗装するのか迷っていましたが、

今は金属系サイディングに張り替えることを希望しています。



問題は私の「リフォームしたい脳」です。

普通の人のパターンとして、

相見積を取って検討する→業者選定・依頼→工事施工

となると思います。

ところが私の場合は、

相見積を取って検討する→自分で出来ないか考える→

自分でやる(やってみる)

となります。

「リフォームしたい脳」が反応して、

どうしても自分でやることを考えてしまいます。



だって自分でやった方が金額は絶対に安いんです。

家の構造に関わるものであれば、

専門的な知識が足りないので難しいかもしれませんが、

外壁は外装なので大丈夫と頭が考えてしまいます。

う~ん、悩ましいです。

よく税理士さんにはこう言われます。

「こういうことは外注して、

 たっちさんは物件購入に集中した方が割がいいですよ。」

外注した方が面倒臭くなくて良いとは思っているのですが、

ついついホームセンターで金属サイディングの金額を

調べてしまいます。



見積金額を見てからまた考えることにします。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。