大家の覚悟

こんばんは。

たっちです。



今日は涼しい天気でした。

風が少し冷たいくらいでした。



今、1件の滞納家賃の解消に取り組んでいます。

家賃督促の内容証明郵便を送りました。

内容証明郵便を受け取るのは初めてだったようで、

奥さんから内容証明郵便が届いたと聞いた入居者さんから

慌てて電話がかかってきました。

その時には出先からの電話でした。

入居者さんが自宅に戻って郵便の内容を確認してから、

後日また連絡をもらえることになっていましたが、

その後いくら待っても連絡は来ません。

郵便の内容を見て、

いつもの督促状くらいの捉え方をされたのかもしれませんね。



大家は入居者さんから家賃をいただいて住居を提供します。

快適な住環境を提供するためにはコストが掛かります。

ウチの場合は管理を管理会社さんにお願いしています。

設備等で自分たちで対処できるところは

自分たちで対処しますが、

自分たちでできない場合、

あるいは緊急性がある場合には業者さんにお願いします。

管理会社さんから不具合の連絡があれば、

すぐその場で判断して

入居者さんになるべく迷惑が掛からないように対処しています。

大家としての責任があるからです。



今、コロナ禍で経済的に負担を感じている入居者さんは

結構いらっしゃると思います。

でも家賃を支払うことは入居者さんの契約上の義務です。

そのことを皆さん十分にご理解いただいているので、

経済的に苦しい状況であったとしても、

優先的に毎月家賃をお支払いいただいていると思っています。

滞納している入居者さんはこの方だけです。

以前から度々滞納があったにもかかわらず、

コロナ禍の影響で仕事が減って支払えないということを

理由にされています。

今回の連絡不通だけではなく、

何度も約束したことを反故にされています。

お互いの信頼関係は大きく崩れていますし、

とても悪質な行為であると考えています。

この状況を打破するために行動しようと思います。



入居者さんに快適な住環境を提供するために

私たちは頑張っています。

胸を張って自信を持って、

そう言い切ることができます。

大家として、

今回の件に全力で取り組みます。



今日も1日ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。