法人で銀行口座開設しました

こんばんは。

たっちです。



今日も良い天気でした。

暑いくらいの気温でした。



先週、水曜日にD銀行、木曜日にH銀行で

法人の口座開設手続きをしました。

地方銀行では法人口座を持っていなかったので、

口座開設することにしました。

家賃振り込み等で使うつもりです。

今回2つの地方銀行で口座開設したのですが、

H銀行のあまりのお粗末ぶりに担当者だけでなく、

フォローしてくれない組織はどうなんだろうと思ってしまいました。



口座開設時の必要書類を事前に家内が電話で聞きました。

D銀行には法人の履歴事項全部証明書と

「実質的支配者となるべき者の申告書」が必要だと言われました。

H銀行には必要書類を電話で教えてもらえませんでした。

まず「銀行窓口に来てください」ということでした。

口座開設手続きをするために2回銀行に来てもらう必要があると

言われました。



必要書類を揃えてD銀行に行きました。

手続きは書類記入等で30分で終わりました。

通帳は簡易書留で今日自宅に送られてきました。

窓口には1回行っただけで終了しました。



H銀行に行きました。

何も持たずに行っても仕方が無いので、

D銀行に提出した書類を持って行きました。

法人の口座開設をしたい旨を告げて持参した書類を見せると、

この書類を使ってその場で手続きができると言われました。

(事前に説明を聞きに来る必要はなかったの?)

手続き書類に記入しますが、

記入の指示が要領を得ません。

記入した書類を上司に見せていますが、

その上司は電話で他に問い合わせています。

結局持参した書類だけでは手続きができないことになり、

確定申告書の別表二を自宅に取りに戻りました。

別表二を持参してようやく手続きが終了しました。

書類審査が終わってから連絡が来て、

また銀行窓口に行って通帳が発行になると言われました。

手続きに1時間半以上掛かりました。

自宅に戻って家内に事情を説明しましたが、

「責任者を出せ」と言わないとダメだと

かんかんになって怒っていました。



昨日、「書類審査が通ったのでご来店ください」と連絡があり、

今日9時の予約をして窓口に行きました。

また別の書類を記入させられましたが、

言われたとおりに記入したのにチェックを入れる欄を間違えたようで、

訂正した後に訂正印を5箇所も押させられました。

結局、通帳を渡されるまで1時間掛かりました。



税理士さんからH銀行についてのダメな話を度々聞いていました。

でもH銀行は北海道を代表するような銀行なので、

そこまでひどくはないだろうと考えていましたが、

今回は自分が経験することになりました。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。