税理士先生とのお話 「仕掛かり工事」について

こんばんは。

たっちです。



今日は税理士先生の訪問日でした。

月に1度、自宅に来ていただいて、

毎回いろいろなお話をうかがっています。



前回は「仕掛かり工事」についてでした。



今、無印良品の小屋が人気です。

値段は300万円くらいです。

コロナ禍で自宅にワークスペースがほしい人が

買っているようです。

ネットで小屋の仕様書を見て、

これなら自分でも作って売れるかもと思いました。

そう、お話したところ、

「仕掛かり工事」について教えてくれました。



私は賃貸物件を自分でリフォームして貸しています。

先生はそのことをよくご存じです。

物件をリフォームして掛かったお金は経費にして

そのつど処理することができますが、

小屋の場合は商品になるので、商品が売れてから

ようやく経費として処理できるのだそうです。

問題なのは決算期をまたいで小屋が売れた場合です。

決算期前に小屋の製作費用を経費として

計上することはできません。

にもかかわらず、小屋が売れたときには

多額の利益が出てしまう。

つまり多くの税金を支払うことになる。



建築会社さんはこういうリスクを負いながら、

会社を経営されているのですね。

戸建住宅、アパート、マンションの金額は

小屋とは比べものにならないくらい高いです。

納期が遅れて決算期をまたいだら、

死活問題ですね。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。