山を買うのはやめた方が良い?

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れの天気でした。

雪割りが進みました。



ヤフーで「キャンプブームで山林購入 後悔も」という

記事がありました。

購入のデメリットとして

・草刈りなどの維持管理が必要

・土地を活用できていないのに固定資産税を取られる

・山火事等の災害が心配

・現地に行くまでが大変

・不法投棄があるかもしれない

などが挙げられていました。



コメント欄を見ても否定的な意見を述べる人が多く、

「山を買わない方が良い」という意見が大半でした。

記事の中に近畿地方の山を100坪50万円で買って、

後悔している人が登場していました。

キャンプをするために購入したらしいのですが、

豪雨の影響で倒木などがあり、

整備しないと使えないらしいです。

また仕事の関係で遠方に引っ越して、

現地に行きたくても行けないという状況があるようですが、

これはこの人の都合なので見込みが甘かったということが

後悔の原因だと思います。

その他には「日本の森林の25.7%が所有者不明である」と

記事には書いてあって、

空き家問題と構図は同じだと言っていました。



私は山を買いたいと思っています。

デメリットについては

十分に検討する必要があるとは思いますが、

山の管理は森林組合に加入すれば

やってもらえるはずですし、

木を植える際に助成金が出るらしいので、

それほどコストは掛からないと聞いています。

でもコストについては再度検討するつもりです。

たぶんネックになるのは相続と出口戦略ですね。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。