物件融資持ち込み

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れのよい天気でした。

近所のご高齢の方に依頼されて、

雪に覆われていた車庫の中から自転車を出し、

排水口を2箇所掘り当てました。



久し振りにメインバンクに物件資料を持ち込んで、

担当者さんにざっくりとした物件の評価をしてもらいました。

3月3日のブログ『中古アパートの内覧』で書いた

中古のアパートです。



大体私の見立て通りの評価でした。

中古木造アパートなのに

物件価格が7,000万円超えと高いです。

土地値が安いので積算評価が出ません。

築16年と比較的築浅ではありますが、

このメインバンクでは中古木造の場合、

融資期間は15年までとなっているようです。



路線価が載っていない倍率地域の物件でしたが、

令和2年では路線価が載っていました。

担当者さんが調べてくれました。

こういうことがあるんですね。



もう少し時間が経って、

まだこの物件が売れないで残っていれば、

指値に応じてもらえる可能性はあると思っています。

少なくとも価格が6,000万円台にならないと

購入する意味が無いと思います。



中古木造アパートで

2,000~3,000万円くらいのものがあれば、

取り組みやすいと考えています。

買えると信じて

地道に物件を探すことですね。



今日も1日ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。