初めましてで融資をお願いしました

こんばんは。

たっちです。



今日は晴れましたが、

風が強くて寒かったです。



新規の金融機関、R信金さんにお邪魔して、

物件購入の融資をお願いしてきました。

今回は仲介業者さんの紹介で、

この場を設けていただきました。

当初は融資の打診をお願いする形で、

法人の決算書を資料として提出するだけの予定でした。

まず今回は簡単に法人の審査を受けて、

後日に改めて詳しい資料を揃えて

本審査を受けるイメージで考えていました。

しかし当然というか、やはりというか、

結局は融資申込をする流れで話しが進みました。



私のプロフィールから始まって、

持参したタブレット端末を使ってリフォーム事例の写真紹介、

個人・法人所有の物件紹介、

家賃収入額、ローン残債の一覧表提出、

家内個人の確定申告書提出を行いました。

何となくこのような流れになるのではないかと、

求められそうな文書は持って行きましたが、

指値に応じてもらえるのかどうか分からないところで、

(つまり購入するかどうか分からないところで、)

事業計画書を作れないので作成していませんし、

事業計画書の提出は求められませんでした。

その他、通常の融資申込ということであれば、

購入資金を持っているかどうか預金通帳を確認される

ところですが、

預金通帳の提示は求められませんでした。



信金の担当者さんはウチのように自分たちでリフォームをする

大家に会うのは初めてだとおっしゃっていました。

仲間内では自分でリフォームをしない大家はいないのですが、

やはり自分でリフォームをする大家はごく少数なのですね。

仲介業者さんは審査の結果を急いで出してもらえるように

担当者さんに頼んでいました。

どういう結果が出るのか楽しみです。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。