アパート購入を断念

こんばんは。

たっちです。



今日は爽やかな天気でした。

窓を開けると風が通り抜けて、

室内ではTシャツ1枚でいるのがちょうどいい感じです。



購入するつもりでいた2棟一括のアパートですが、

片方のアパートの記載事項に誤りがありました。

実際には築年数が10年古かったです。

気付いたきっかけは建物の固定資産税評価額が

低かったことです。

ざっくりの計算で400万円くらい低かったです。

同じ構造、同じ築年数のアパートを所有していたので、

評価額はこのくらいという感じをつかんでいました。



リフォームにかなりのお金を掛ければ、

立地が良いので10年くらいは回せると考えました。

でも築年数が10年古いと、

10年後には築60年近くになります。

使いたかった10年が使えないとなれば、

無理に購入する必要はないと考えて購入を断念しました。



不動産屋さんにとって、

この物件は自社の管理物件で、

そもそもの元データの登録が違っていたようです。

この物件は販売価格が安いので、

十分な資金があれば最初から更地にして

新築を建てる計画で購入する人がいるかもしれませんが、

ウチはそこまでの資金はありません。

残念ですが転進します。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。