第2種電気工事士

こんばんは。

たっちです。



今日は夏日でした。

完全に夏の陽射しでした。



不動産賃貸業を行うに当たって、

あれば役に立つ資格の1つとして、

第2種電気工事士免許を挙げたいと思います。



先日の電気スイッチ不具合の修理対応を

管理会社さんを通して業者さんにお願いすると、

簡単な作業・修理でも最低5,000円はかかります。

プラス材料費がかかり、

管理会社さんのマージン20%が乗っかります。

さらに消費税10%がかかるので、

軽微な修理でもすぐに1万円くらいの金額になってしまいます。



リフォームをしていると、

「ここにコンセントを増設できたら便利だ」

という時があります。

テレビドアホンを取り付ける際に、

「隠蔽配線(配線を壁の中を通すこと)にできたらいいのに」

という時があります。

古い照明器具を外して、

「引掛シーリングを取り付けたい」という時があります。

いずれも資格があれば、

数百円の材料費だけで済みます。

時間もそれほどかかりません。

この程度の電気関連の補修は、

自分でやることができれば、

効率的にコストカットをしやすい分野だと思います。



そのためにお薦めしたいのが第2種電気工事士免許です。

少し時間が空きますが、

次回はその資格取得に向けた勉強方法などを

紹介したいと思います。



今日も1日ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。